※ 先にCriteoのデータソース登録が完了している必要があります。データソースの登録方法は「データソースにCriteoを登録する」をご確認ください。

Criteoのアカウント認証用URLを発行する方法

1. 「Data Connect」>「データソース」をクリックしてください。

2. Criteoのデータソースを選択してください。

3. 認証URLの[ 生成 ]ボタンをクリックしてください。

4. これでCriteoのアカウント認証用URLの発行は完了です。

※ URLにアクセス後、画面下部の「Portfolio access」にてDatabeatに連携を行いたい全てのアカウントにチェックを入れてください。

※ 認証は、管理者権限のあるCriteoアカウントで行っていただく必要がございます。

※ 生成した認証用URLは一度のみ有効です。誤ったアカウントでログインしてしまった、認証作業に誤りがあった、といった場合には再度同じ手順でURLを生成し直してください。

回答が見つかりましたか?