Google データポータルでコンバージョンに特定のコンバージョンアクション(コンバージョン名)の数値だけを反映する方法をご紹介します。

Google 広告とYahoo!広告の場合の方法となります。その他のサービにつきましては、コチラを参考にコンバージョン設定を行ってください。

※ Google 広告のコンバージョンアクション、Yahoo!広告のコンバージョン名を出力するには、アカウント登録のデータ取得設定でレポートタイプ「キャンペーン(コンバージョン詳細)」が選択されている必要があります。

Google データポータルの「データの統合」機能で、レポートタイプ「キャンペーン」とレポートタイプ「キャンペーン(コンバージョン詳細)」のデータソースを統合することで、コンバージョンに特定のコンバージョンアクション(コンバージョン名)の数値だけを反映させることができます。

※ 参考:データポータルのヘルプ「データの統合について」

Google データポータルでコンバージョンに特定のコンバージョンアクションの数値だけを反映する方法

STEP 1:レポートタイプ「キャンペーン(コンバージョン詳)」のデータベースを作成する

1. 「Data Feed」>「BI tools」をクリックしてください。

2. [ + ]ボタンをクリックしてください。

3. データベース名を入力してください。

4. データを出力したいプロモーションを選択してください。

5. テーブル定義でプリセットの「データポータル_コンバージョン詳細」を選択してください。

6. データを出力したいメディアを選択してください。

※ レポートタイプ「キャンペーン(コンバージョン詳細)」は、Google 広告、Yahoo!広告 検索広告、Yahoo!広告 ディスプレイ広告が対応しています。

7. [ 保存 ]ボタンをクリックすると、データベースの作成は完了です。

STEP 2:Google データポータルにデータソースを登録する

1. Google データポータルを開いて、Google アカウントでログインしてください。

2. データソースを追加するレポートを開いてください。

3. [ 編集 ]ボタンをクリックしてください。

4. [ リソース ]メニューの[ 追加済みデータソースの管理 ]をクリックしてください。

5. 画面左下の[ データソースを追加 ]をクリックしてください。

6. Google Connectorsから[ BigQuery ]を選択してください。

7. 画面左のメニューから「カスタムクエリ」を選択してください。

8. プロジェクトの中から対象のプロジェクトを選択してください。

9. カスタムクエリの入力欄にSTEP 1で作成したデータベースのSQLをコピーして貼り付けてください。

10. 「日付パラメーターを有効にする」にチェックを入れてください。

11. 画面右下の[ 追加 ]ボタンをクリックしてください。

12. 「パラメーターの共有を許可しますか?」画面が表示されますので、[ 許可 ]ボタンをクリックしてください。

13. 「このレポートにデータを追加しようとしています」画面が表示されますので、[ レポートに追加 ]をクリックしてください。

14. 「BigQuery」という名前で追加されたデータソースの[ 編集 ]ボタンをクリックしてください。

15. フィールド編集画面でデータソースの名称を変更して、[ 完了 ]ボタンをクリックするとデータソースの登録は完了です。

STEP 3:Google データポータルで統合データを作成する

1. [ リソース ]メニューの[ 混合データを管理 ]をクリックしてください。

2. 画面左下の[ データビューを追加 ]をクリックしてください。

3. 添付のデータソース からレポートタイプ「キャンペーン」のデータソースを選択してください。

4. [ 別のデータソースを追加 ]をクリックして、添付のデータソース からレポートタイプ「キャンペーン(コンバージョン詳細)」のデータソースを選択してください。

5. それぞれのデータソースの「統合キー」「サイズ」「指標」に画面と同じ指標を選択してください。

※ レポートタイプ「キャンペーン」の指標は必要に応じて追加してください。

※ 「Conversions」がどちらのデータソースにも存在するため、SUMと表示されている箇所をクリックし、どちらのデータソースのものか判別できるよう名前を変更してください。

6. データソース名を入力して、[ 保存 ]ボタンをクリックすると統合データの作成は完了です。

STEP 4:Google データポータルのレポートにデータを反映する

1. データソースのコンポーネントデータソースからSTEP 3で作成した統合データを選択してください。

2. 「ディメンション」と「指標」を選択してください。「Conversions」はレポートタイプ「キャンペーン(コンバージョン詳細)」のものを使用してください。

※ ディメンションや指標は必要に応じて、変更してください。

※ プロモーションにGoogle 広告とYahoo!広告以外のサービスが存在する場合は、「コンバージョン数」「コンバージョン率」「コンバージョン単価」は計算フィールドを使用する必要があります。詳細はコチラをご確認ください。

3. [ フィルタを追加 ]をクリックしてください。

4. [ フィルタを作成 ]をクリックしてください。

5. 名前を入力してください。「項目を選択」から[ ConversionTypeName ]を選択して、「条件を選択」から[ 次に等しい(=)]を選択してください。

「値」にコンバージョンアクション(コンバージョン名)を入力して、[ 保存 ]ボタンをクリックしてください。

※ プロモーションにGoogle 広告とYahoo!広告以外のサービスが存在する場合は、加えてOR条件で、[ ConversionTypeName ]を選択して、「条件を選択」から[ nullである ]を選択してください。

以上でGoogle データポータルでコンバージョンに特定のコンバージョンアクション(コンバージョン名)の数値だけを反映する方法は完了です。

注意点

フィルタで特定のコンバージョンアクション(コンバージョン名)に絞り込みをしない場合や、複数のコンバージョンアクション(コンバージョン名)を指定した場合は、STEP 4の手順3のキャプチャのようにコンバージョンアクション(コンバージョン名)毎に表示回数やクリック数が出力され、数値が重複しますのでご注意ください。

「ConversionTypeName」をディメンションから外し、数値が重複している指標を下記数式に置き換えることで重複を排除した数値にすることもできます。

  • 表示回数:SUM(Impressions)/COUNT_DISTINCT(ConversionTypeName)

  • クリック数:SUM(Clicks)/COUNT_DISTINCT(ConversionTypeName)

計算フィールドを用いた指標について

プロモーションにGoogle 広告とYahoo!広告以外のサービスが存在する場合、STEP 4の手順2において、「Conversions」(コンバージョン率やコンバージョン単価を含む)には計算フィールドを使用する必要があります。

※ 参考:データポータルのヘルプ「計算フィールドについて」

計算フィールドは、指標を選択する際に一番下にある「フィールドを作成」から作成することができます。

下記に計算フィールドの一例を記載します。計算フィールド例の「Conversions(キャンペーン)」と「Conversions(コンバージョン詳細)」はSTEP 3の手順5で各データソースの「Conversions」につけた名前になります。

コンバージョン数

CASE
WHEN ServiceNameJA IN ("Google 広告" , "Yahoo!広告 検索広告" , "Yahoo!広告 ディスプレイ広告")
THEN Conversions(コンバージョン詳細)
ELSE Conversions(キャンペーン)
END

コンバージョン率

CASE
WHEN Conversions(コンバージョン詳細) IS NOT NULL
THEN SUM(Conversions(コンバージョン詳細)) / SUM(Clicks)
ELSE SUM(Conversions(キャンペーン)) / SUM(Clicks)
END

コンバージョン単価

CASE
WHEN Conversions(コンバージョン詳細) IS NOT NULL
THEN SUM(Cost) / SUM(Conversions(コンバージョン詳細))
ELSE SUM(Cost) / SUM(Conversions(キャンペーン))
END

※ 手数料込みの場合は「Cost」は「CostIncludingFees」に変更してください。

回答が見つかりましたか?