Google スプレッドシートにデータを出力する方法

1. 「データベースを作成する」をご覧いただき、Google スプレッドシートに出力したいデータのデータベースを作成してください。

2. 「SQLを出力する」をご覧いただき、Google スプレッドシートと連携するためのSQLを確認してください。

3. 「Google スプレッドシート Databeat Explore(Databeatメニュー版)」を開いてください。

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1b7i-J_JLYZ-OWdo-OJo0epsrMRIag-ySNdV1-n62v-M/edit?usp=sharing

4. [ ファイルメニュー ]の[ コピーを作成 ]をクリックしてください。

5. ドキュメントをコピーの画面で名前を変更して、[ OK ]ボタンをクリックしてください。

6. コピーしたスプレッドシートの「設定」シートをクリックしてください。

7. セルB1にBigQueryのプロジェクトIDを入力してください。

8. セルB4に「2」で出力したSQLを貼り付けてください。

9. セルC4にSTART_DATE(開始日)、セルD4にEND_DATE(終了日)を入力してください。
※ この日付がデータを出力する期間となります。

10. 複数のSQLを貼り付けてデータを出力する場合は、セルB5以下に同様の設定をおこなってください。

11. [ Databeatメニュー ]の[ データを取得 ]をクリックしてください。

※ [ Databeatメニュー ]が表示されるまで少し(2分程度)時間がかかります。

12. 承認が必要の画面で[ 続行 ]ボタンをクリックしてください。

13. BigQueryにアクセス可能なGoogle アカウントでログインしてください。

14. DatabeatがGoogle アカウントへのアクセスをリクエストしています画面で[ 許可 ]ボタンをクリックしてください。

15. 再度[ Databeatメニュー ]の[ データを取得 ]をクリックしてください。「データID-1」シートにデータが出力されます。

※ データが出力されるシート「データID-1」のシート名は変更しないでください。

16. これでGoogle スプレッドシートへのデータ出力は完了です。出力されたデータからグラフを作成したり、関数やピボットテーブルで表を作成したりすることができます。

※ アラートの設定はコチラをご確認ください。

※ Google スプレッドシートのマクロ、Google Apps Scriptを活用することでデータの更新を自動化することが可能です。

自動化の設定方法はコチラをご確認ください。

回答が見つかりましたか?