全てのプロモーションの日々の数値管理や予算管理をGoogle スプレッドシートを使って行うことができます。

一つのSQLを設定するだけで、全てのプロモーションを横断してデータを閲覧することができます。また、プロモーションが新規追加された場合でも、自動的にデータが反映されます。

Google スプレッドシート 全プロモーション数値管理

Google スプレッドシートからBigQueryに接続してデータを出力します。出力されたデータをピボットテーブルを使って表に変換しています。

全プロモーション数値管理に含まれる指標

全プロモーション数値管理に含まれる指標の一覧は、下記URLからご確認ください。

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1MTQa8fPARxEpBPfhvba_R1AMh2W1frctYKFv0gW4lXI/edit?usp=sharing

Google スプレッドシート 全プロモーション数値管理テンプレートを利用する方法

1. 「Google スプレッドシート 全プロモーション数値管理テンプレート(Databeatメニュー版)」を開いてください。

https://docs.google.com/spreadsheets/d/1bpHao-lj9yAhHxN9n5mlGyZbMKdvUsjYH5HOimY5nB0/edit?usp=sharing

2. [ ファイルメニュー ]の[ コピーを作成 ]をクリックしてください。

3. ドキュメントをコピーの画面で名前を変更して、[ OK ]ボタンをクリックしてください。

4. コピーしたスプレッドシートの「設定」シートをクリックしてください。

5. セルB1にBigQueryのプロジェクトIDを入力してください。

6. セルB4に入力されているSQLの下から5行目の「databeat-client-014」を「5」で入力したBigQueryのプロジェクトIDに変更してください。

7. [ Databeatメニュー ]の[ データを取得 ]をクリックしてください。

※ [ Databeatメニュー ]が表示されるまで少し(2分程度)時間がかかります。

8. 承認が必要の画面で[ 続行 ]ボタンをクリックしてください。

9. BigQueryにアクセス可能なGoogle アカウントでログインしてください。

10. DatabeatがGoogle アカウントへのアクセスをリクエストしています画面で[ 許可 ]ボタンをクリックしてください。

11. 再度[ Databeatメニュー ]の[ データを取得 ]をクリックしてください。「データID-1」シートにデータが出力されます。

12. 「ピボットテーブル 1」シートをクリックしてください。

「ピボットテーブル 1」シートで数値の管理を行うことができます。

13. 画面右の「ピボット テーブル エディタ」を使って指標の追加、編集、削除を行うことができます。

14. これでGoogle スプレッドシート 全プロモーション数値管理テンプレート(Databeatメニュー版)の利用設定は完了です。

※ アラートの設定はコチラをご確認ください。

※ Google スプレッドシートのマクロ、Google Apps Scriptを活用することでデータの更新を自動化することが可能です。

自動化の設定方法はコチラをご確認ください。

Google スプレッドシート 全プロモーション数値管理テンプレートのピボットテーブルで使用している指標

Google スプレッドシート 全プロモーション数値管理テンプレートのピボットテーブルでは、下記指標がデフォルトで設定されています。

  • プロモーション名/PromotionName

  • アカウント名/AccountName

  • 稼働日/WorkingDays

  • 残稼働日/RemainingDays

  • 予算(手数料抜)/AccountBudget

  • 利用金額(手数料抜)/AccountCost

  • 残予算(手数料抜)/AccountRemainingBudget

  • 予算進捗率(手数料抜)/計算フィールド「=IFERROR(AccountCost/AccountBudget,"-")」

  • 月末推定利用金額(手数料抜)/EstimatedAccountCostUsingThisPeriod

  • 月末推定予算進捗率(手数料抜)/計算フィールド「=IFERROR(EstimatedAccountCostUsingThisPeriod/AccountBudget,"-")」

  • 予算利用目安(予算/稼働日)(手数料抜)/AccountUsageBudgetPerWorkingDays

  • 予算利用目安(残予算/残稼働日)(手数料抜)/AccountUsageRemainingBudgetPerRemainingDays

  • 表示回数/AccountImpressions

  • クリック数/AccountClicks

  • クリック率/計算フィールド「=IFERROR(AccountClicks/AccountImpressions,"-")」

  • クリック単価(手数料込)/計算フィールド「=IFERROR(AccountCostIncludingFees/AccountClicks,"-")」

  • 利用金額(手数料込)/AccountCostIncludingFees

  • 獲得件数/AccountConversions

  • 獲得率/計算フィールド「=IFERROR(AccountConversions/AccountClicks,"-")」

  • 獲得単価(手数料込)/計算フィールド「=IFERROR(AccountCostIncludingFees/AccountConversions,"-")」

  • 昨日の表示回数/AccountImpressionsYesterday

  • 昨日のクリック数/AccountClicksYesterday

  • 昨日のクリック率/計算フィールド「=IFERROR(AccountClicksYesterday/AccountImpressionsYesterday,"-")」

  • 昨日のクリック単価(手数料込)/計算フィールド「=IFERROR(AccountCostAverageYesterdayIncludingFees/AccountClicksYesterday,"-")」

  • 昨日の利用金額(手数料込)/AccountCostAverageYesterdayIncludingFees

  • 昨日の獲得件数/AccountConversionsYesterday

  • 昨日の獲得率/計算フィールド「=IFERROR(AccountConversionsYesterday/AccountClicksYesterday,"-")」

  • 昨日の獲得単価(手数料込)/計算フィールド「=IFERROR(AccountCostAverageYesterdayIncludingFees/AccountConversionsYesterday,"-")」

回答が見つかりましたか?