Databeat Exploreでは、ExcelレポートやDatabeatレポート、BI toolで、それぞれテーブル定義に設定してあるディメンションと指標により出力内容が決まります。

特にExcelレポートでは、テーブル定義に存在するディメンションは、出力項目に選択されていなくてもその粒度に分かれて出力されますので、より正確にディメンションを追加していただく必要がございます。

ディメンションに関して

ディメンションはDatabeat Exploreで取得したデータを、どのようにまとめて出力するかを決める単位です。

そのため、ExcelレポートやDatabeatレポート、BI toolに設定するテーブル定義は、ご希望の出力方法に合ったディメンションが設定されているものを選択していただく必要がございます。

例えば、

  • キャンペーン毎のデータを出力したい場合には、ディメンションに「キャンペーン」のあるテーブル定義を使用

  • 日別のデータを出力したい場合には、ディメンションに「日」のあるテーブル定義を使用

ただし、必要以上にディメンションが含まれている場合は、ご希望のデータを出力できない場合がございます。この場合は、不要なディメンションを含まないテーブル定義に変更してください。

例えば、

  • 「アカウント」単位でデータを出力したい場合には、ディメンションに「キャンペーン」を含まないテーブル定義を使用

  • 「月」単位でデータを出力したい場合には、ディメンションに「日」や「曜日」を含まないテーブル定義を使用

特にテンプレートを使用せずにExcelレポートを作成する場合や、テーブル定義を新たに作成する際には、上記のような点にご注意ください。

回答が見つかりましたか?