Google データポータルと連携する方法

※ 事前に「データベースを作成する」をご覧いただき、Google データポータルに出力したいデータのデータベースを作成してください。

※ 事前に「SQLを出力する」をご覧いただき、Google データポータルと連携するためのSQLを確認してください。

1. Google データポータルを開いて、Google アカウントでログインしてください。

2. 画面左上の[ 作成 ]ボタンをクリックして、[ データソース ]を選択してください。

3. 画面左上の「無題のデータソース」の名前を変更してください。

※ Databeat Exploreで設定したデータベース名と同じにすると管理しやすくなります。

4. Google コネクタから[ BigQuery ]を選択してください。

5. 「データポータルに BigQuery プロジェクトへのアクセス権を許可してください。」が表示された場合は、[ 認証 ]ボタンをクリックしてください。
※ 表示されない場合は、そのまま「7」に進んでください。

6. 「Google Data Studio が Google アカウントへのアクセスをリクエストしています」画面が表示されますので、[ 許可 ]ボタンをクリックしてください。

7. 画面左のメニューから「カスタムクエリ」を選択してください。

8. プロジェクトの中から対象のプロジェクトを選択してください。

9. Databeat Exploreの管理画面からSQL(Data Portal)のSQLをコピーしてください。

10. カスタムクエリを入力の欄にコピーしたSQLを貼り付けて、「日付パラメーターを有効にする」にチェックを入れてください。

11. 画面右上の[ 接続 ]ボタンをクリックしてください。

12. 「パラメーターの共有を許可しますか?」画面が表示されますので、[ 許可 ]ボタンをクリックしてください。

13. 必要であればタイプを「%」や「通貨」などに変更をしてください。

14. これでDatabeatとGoogle データポータルの連携は完了です。必要であれば、画面左上の[ Google データポータルのアイコン ]をクリックして、他のデータベースの登録を行ってください。

回答が見つかりましたか?