Criteo アカウントを登録する方法

1. 「Data Connect」>「アカウント」をクリックしてください。

2. [ + ]ボタンをクリックしてください。

3. サービスから、「Criteo」を選択してください。

4. アカウント名を入力してください。

5. データソースを選択してください。

※ Criteoのデータソースの追加方法は「データソースにCriteoを登録する」をご確認ください。

6. アカウントを選択してください。

※ 事前に認証していただいたアカウントのみ表示されます。

※ データソースの編集画面から認証用URLをご発行いただけますので、そちらからアカウントの認証作業を行っていただきますようお願いいたします。詳細は「Criteoのアカウント認証用URLを発行する方法」をご確認ください。

7. . データを取得するタイムゾーンを選択して、[ 次へ ]ボタンをクリックしてください。

8 初回データ取得期間を選択してください。

9. データ取得設定で、データを取得したいレポートタイプを選択してください。

10. [ 保存 ]ボタンをクリックすると、Criteo アカウントが登録されます。

Databeat Exploreの日々のデータ取得について

1日1回早朝にデータの取得を行います。
過去31日分のデータを取得して、データの保存を行います。

注意事項

直近の媒体管理画面の数値とDatabeat Exploreの数値が一致しない場合がございます。

媒体管理画面の数値は、不正クリックを始めとした様々な計算処理の結果がリアルタイムで反映されますが、Databeat Exploreの場合は、早朝に取得した時点の数値となります。

そのため、特に「昨日」といった直近のデータでは、媒体管理画面のデータ更新による変化が起きやすいため、差が生じやすくなります。

媒体管理画面のデータ更新は、日数の経過とともに行われにくくなりますので、Databeat Exploreでは毎日過去31日分のデータを取得することで、更新されるデータに対応をしております。

回答が見つかりましたか?